万能オイルと言われるアルガンオイルの使い方のご紹介

アルガンオイルはスキンケア商品として販売されていることが多いですが、その使い方は多岐に渡ります。

化粧水や乳液などの商品とは違い、毛髪ケアや食用として活用できる商品まであります。

色々な使い方をしながら、自分に合った方法を探していくのも楽しいですね。

ここではアルガンオイルの基本的な使い方から応用編までご紹介していきたいと思います。

 

アルガンオイルの基本的な使い方

アルガンオイルの使い方は?

まずは、アルガンオイルの基本的な使い方をご紹介したいと思います。

 

スキンケア

スキンケア

アルガンオイルには優れた浸透力があるので、ブースターとして使うのが定番です。

洗顔の後にアルガンオイルを使うことにより、それ以降のお手入れの効果がアップするのです。

美容成分を肌の奥まで届けてしっかり保湿する効果があります。

アルガンオイル愛用者の口コミを見ていると、洗顔後にアルガンオイルをプラスしただけで、その後のお手入れの効果が驚くほど良くなったという意見が多いです。

 

ヘアケア

シャンプー前のヘアケア

アルガンオイルヘアケア用としても使えるのですが、その効果は大きく2つに分かれます。

1つ目は、スキンケアと同じような保湿効果です。頭皮と毛髪にうるおいを与えることで、しっとりすこやかな髪をキープできるのです。

洗髪した後に軽くタオルドライをしてからアルガンオイルをつけてドライヤーで乾かすと、さらさらでうるおいのある髪になります。

もう1つは、皮脂汚れを落とすために使う方法です。

洗髪する前にアルガンオイルを頭皮になじませてからシャンプーで洗い流すと、頭皮の皮脂汚れがきれいに落ちるのです。

 

ボディケア

ボディケア

アルガンオイルの保湿効果は全身に使うことができます。

ちょっともったいないと思う方もいるようですが、乾燥の気になるところに使うと驚くべきうるおいを与えてくれるのです。

乾燥が気になる冬の時期には大活躍しそうですね。他のオイルと比べてベタベタすることはなくさらっとしているのが嬉しいです。

 

アルガンオイルの使い方、応用編

アルガンオイルの使い方、応用編

アルガンオイルは、基本的なスキンケア、ヘアケア、ボディケア以外にも使い方があります。

アルガンオイルに慣れてきたらぜひ試してみてください。

 

リキッドファンデーションに混ぜる

リキッドファンデーションに混ぜる

乾燥がひどい時に化粧ノリが悪いということってありますよね。

リキッドファンデーションをお使いの場合には、一度に使う分のリキッドファンデーションの中にアルガンオイルを1滴だけ垂らしてみてください。

そして混ぜ合わせて肌に塗ります。そうすると1日中しっとりな肌を保つことができますよ。

 

オイルパック

オイルパック

肌が疲れている時や、強い紫外線にさらされた時などは、アルガンオイルでスペシャルケアをするのもおすすめです。

洗顔した後にたっぷりのアルガンオイルで顔をマッサージしてから、蒸しタオルをかけてオイルパックをする方法です。

最後に蒸しタオルでオイルを拭きとりましょう。その後はいつものお手入れをしてください。

肌がたっぷりうるおって美しさを取り戻しますよ。

 

ヘアワックス

ヘアワックス

アルガンオイルはヘアケアだけでなく、ヘアワックスとして使うこともできます。

1日中、髪を整えながらしっとりうるおいを与えるのでパサつきが気になる時などにおすすめです。

植物オイルなので髪に負担をかけることがないのもメリットですね。

 

食用

食用

スキンケア用のアルガンオイルでも、食べられる商品もたくさんあります。

ナッツのような風味で美味しいと評判です。

オリーブオイルのように、サラダにかけたりヨーグルトに入れたりするのがおすすめです。

 

以上、アルガンオイルの使い方についてご紹介してきました。

スキンケア用として洗顔後のブースターとして使う方が圧倒的に多いようですが、他にも色々な使い方があります。

やさしい植物オイルなので、全身に安心して使うことができるのが嬉しいですね。

ぜひ、自分だけの使い方を見つけてみてください。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。