匂い

アルガンオイルの流行によって、様々なメーカーからアルガンオイルが販売されています。

しかし、多くの商品が流通するようになったため、残念ながら粗悪な商品が販売されていることもあります。

そのような商品を選んでしまうことがないように、自分の五感をフル活用して良質なアルガンオイルを選ぶようにしましょう。その中の一つに「匂い」があります。

ここではアルガンオイルの匂いについてご説明したいと思います。

 

アルガンオイルの匂いについて

アルガンオイルの匂いについて

100%ピュアなアルガンオイルには香料が一切入っていません。

フローラル系などの香料の入っているスキンケア商品に慣れている方には違和感があるかもしれませんね。

 

天然の匂い

天然の匂い

100%アルガンオイルは、アルガンツリーの天然の匂いがするだけです。

一般的に言われているのが「ナッツのような匂い」です。

但し個人差があるので、同じアルガンオイルでもオリーブオイルのような匂いがするという方や、あまり匂いがしないという感想を持っている方もいます。

またナッツ類が苦手な方にとっては嫌な匂いと感じる場合もあるでしょう。

また、100%オルガンオイルの商品は、同じメーカーのものでも匂いが違うことも稀にあります。

調整されていない天然の素材を使っているので、アルガンの実の熟し方の違いなどにより、匂いや色などが若干異なることもあるのです。ピュアな状態という証ですね。

しかし、全く何の匂いがしないという場合には、アルガンオイルの他に別のオイルで薄められている可能性があります。成分表示を確認してみると良いでしょう。

 

酸っぱい匂い

酸っぱい匂い

アルガンオイルの匂いで気を付けたいのが「酸っぱい匂い」がする場合です。

これはオイルが酸化してしまったということです。

他のオイルに比べてアルガンオイルは酸化しにくい特性があるのですが、アルガンオイル以外の成分が含まれていた場合や、保存環境が悪い場合などは酸化してしまうこともあります。

酸化したオイルは効果が減少するだけでなく肌に負担をかけてしまう恐れもあるので使用しないようにしましょう。

 

良質なアルガンオイルを選ぶことが大切

良質なアルガンオイルを選ぶことが大切

品質の高いアルガンオイルの匂いがナッツのような匂いがすることがわかりました。

そしてあまりにも匂いがしない場合や酸っぱい匂いがする場合は注意が必要です。

このことを念頭に置いておくと良いですね。

しかし、匂い方はとても個人差があるものでもあります。自分ではナッツの匂いがすると思っていても、他の人には無臭と感じることもあったりします。

良質なアルガンオイルかどうか見極める方法の一つとして匂いで判断することは大切です。

しかしそれだけでは確実性に欠けると思います。

そこで、匂いだけではなく、黄金色をしているか、サラサラとしたテクスチャーかどうかなどの色々な角度からチェックすると良いと思います。

また良質なアルガンオイルはオーガニック認定を受けていたり、低温圧搾法で作られています。

より多くの情報を入手して判断すると良いですね。

 

以上、アルガンオイルの匂いについてご説明してきました。良いアルガンオイルを選ぶ時の判断材料の一つとして、「ナッツのような匂い」という知識も持っていると良いですね。

アルガンオイルは食用としてサラダなどの香りつけにも使われることもあるので、それほど癖のある匂いではありません。

口コミの中では異国の香りと表現している方もいました。

ぜひ実際のアルガンオイルの匂いを味わってみてください。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。