近年のオイルブーム

近年のオイルブームの中で、色々な種類のオイルが注目されています。

アルガンオイルは美容とエイジング効果に特化しているということが人気の理由です。

アルガンオイルのエイジング効果の秘密はビタミンEという成分にあります。

その他にも健康と美容に良い成分が含まれているのですが、その中にオメガ3脂肪酸の一つであるαリノレン酸があります。

体に必要な必須脂肪酸として人気の高いオメガ3脂肪酸とアルガンオイルの関係について見ていきたいと思います。

 

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは脂肪酸の1つで、体を維持するのに必要な栄養素です。

魚の油に含まれるDHAやEPA、えごま油や亜麻仁油に含まれているαリノレン酸などの脂肪酸がオメガ3脂肪酸の一種です。脂肪酸と聞くと体に脂肪が溜まって太るようなイメージを持ってしまいますが、オメガ3脂肪酸は健康や美しさのために必要な脂肪酸であり、意識して摂取する必要があるのです。

オイルブームの流れに乗って、このオメガ3脂肪酸のαリノレン酸を含んでいるえごま油や亜麻仁油などが大人気となりました。

健康にも美容にも良いとして女性の間で安定した人気があります。

アルガンオイルもこのαリノレン酸を含んでいるために体に良い油と認識されているのですね。

 

アルガンオイルに含まれるαリノレン酸の量は?

アルガンオイルに含まれるαリノレン酸の量は?

アルガンオイルにはオメガ3脂肪酸のαリノレン酸が含まれているのですが含有量は0.1%なので、それほど多いとは言えないですね。

他の植物オイルと比較してみると、オリーブオイルは0.73%、アボガドオイルは1%となっています。

オメガ3脂肪酸の効果は健康だけではありません。

美肌効果もあります。

肌の保湿や肌荒れなどにも効果的と言われています。

アルガンオイルにはオメガ3脂肪酸がたっぷり入っているというわけではありませんが、アルガンオイルの美容効果の1つとして力を発揮しているのですね。

 

アルガンオイルに含まれるリノール酸の量は?

アルガンオイルに含まれるリノール酸の量は?

アルガンオイルに含まれる必須脂肪酸はαリノレン酸だけではありません。

リノール酸も含まれています。

その含有量は30~38%となっています。

オリーブオイルは5~15%、アボガドオイルは6~18%となっているので、アルガンオイルの含有量が高いことがわかりますね。

リノール酸も肌を保湿する効果があり、肌の油分と水分のバランスを良くすることで、肌をすこやかに保つ効果があるとされています。

必須脂肪酸は人間の体にとって必要不可欠な栄養素ですが、体内で合成できない成分なので積極的に摂り入れることが必要です。

アルガンオイルには必須脂肪酸であるリノール酸がたくさん入っているので、いきいきとした美しい肌を導いてくれるのですね。

 

以上、アルガンオイルに含まれるオメガ3脂肪酸、必須脂肪酸についてご説明してきました。

人気の成分オメガ3脂肪酸はえごま油や亜麻仁油に多く含まれているのですが、アルガンオイルにも含まれています。

それほど多い量ではありませんが、アルガンオイルの美肌効果に一役買っているのは確かですね。

さらにアルガンオイルには同じく必須脂肪酸であるリノール酸がたっぷり含まれています。

良質な成分がたくさん含まれていることがアルガンオイルの魅力なのですね。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。