アルガンオイルはパーマにも嬉しい効果が!その理由とは

肌だけでなく髪にも効果的であると注目されているアルガンオイル。

様々な効果に注目が集まっています。

その中で、「アルガンオイルはパーマに嬉しい効果が」という情報がありました。

これはどのようなものなのでしょうか。

アルガンオイルとパーマの関係について見ていきたいと思います。

 

アルガンオイルはパーマをかけた後の髪に効果的

アルガンオイルはパーマをかけた後の髪に効果的

現代女性の髪がダメージを受ける大きな原因はカラーリングやパーマによるものだとされています。

女性の美しい髪に欠かせないパーマですが、パーマをすることによって髪に負担がかかってしまうことも事実です。

繰り返しパーマをした髪は傷んでいたり、傷みやすくなっています。

せっかくキレイなパーマをしても髪が痛んでぱさついていたら美しくないですよね。

アルガンオイルは、そんなパーマによって傷んだ髪に嬉しい効果を与えてくれると期待されています。

パーマによって傷んだ髪は、髪の表面を守るキューティクルが開いた状態になっています。

そのため髪の内側から水分が逃げやすくなってしまい、ぱさついた髪になってしまうのです。

アルガンオイルは髪になじみやすく、優れた浸透力と保湿力があるので、このような傷んだ髪に良い効果があるのです。

 

アルガンオイルはパーマを長持ちさせるために効果的

アルガンオイルはパーマを長持ちさせるために効果的

せっかくパーマをしてもすぐにとれてしまうという経験はありませんか?

パーマをすると1~2カ月程はもつとされていますが、数日でとれてしまうということもあります。

時間とお金をかけてパーマをしたのにがっかりしてしまいますよね。

どうしてパーマが長持ちしないことがあるのでしょうか。

その原因の1つは、パーマ液などによって髪がダメージを受けているからです。

髪がダメージを受けて傷んでいる状態だとパーマが長持ちしないことがあります。

ダメージを受けている髪は中身がスカスカ状態になっており、カールの形を維持することができなくなるのです。

自分でヘアアイロンやドライヤーを使ってカールを作る時も、パサついて傷んだ状態の髪だと上手くセットできないことがありますよね。

髪がすこやかな状態でないとだめなのですね。

2つ目の原因は髪の乾燥です。髪が十分にうるおっているとパーマを長持ちさせることができるのですが、乾燥しているとすぐにとれてしまうことがあります。

パーマは濡れている時にカールが出やすく、乾燥すると出にくいですよね。

髪を保湿して水分バランスを保つことで、カールの再現性が上がるとされています。

うるおいのある髪がきれいにカールした髪を維持することができるのですね。

アルガンオイルに含まれているビタミンEはこのようなダメージを受けた髪や乾燥した髪に対して効果的に働きかけてくれます。

アルガンオイルでトリートメントすることで、きれいなパーマをキープすることができるでしょう。

 

以上、アルガンオイルとパーマの関係を見てきました。

アルガンオイルでトリートメントすることにより、パーマで傷んだ髪に良い効果があり、さらにパーマを持続させてくれる効果もあるとされています。

パーマをした後には、アルガンオイルでしっかりヘアケアしたいですね。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。