アルガンオイルは日焼けとどんな関係

アルガンオイルは高い保湿力があることから乾燥のひどい冬に活躍するスキンケアのイメージがあると思います。

しかし、アルガンオイルは夏にも嬉しいスキンケアアイテムなのです。

それは太陽ケアと関係しています。

紫外線を受ける夏にこそ使ってほしいアルガンオイルの効果をご紹介したいと思います。

 

アルガンオイルの太陽ケア効果

アルガンオイルの太陽ケア効果

アルガンオイルは、「天然の日焼け止め」などと言われることもあるほど、太陽ケアとしても効果的なオイルです。

SPF5~9ほどあるとされています。

日焼け止め商品に比べたら低い数値ですが、植物オイルの中では優れた太陽ケア効果があると言えます。

アルガンオイルを塗っただけでは完璧な日焼け止めとはいかないと思いますが、日焼け止めのサポート役としては活躍しそうですね。

夏のスキンケアにぴったりのオイルです。

 

アルガンオイルの日焼け後の肌への効果

アルガンオイルの日焼け後の肌への効果

アルガンオイルの太陽ケア効果はそれほど高いものではありませんが、日焼けした後の肌にはアルガンオイルがしっかりと効果を発揮するでしょう。

 

日焼けした肌のターンオーバーを正常にする

日焼けした肌のターンオーバーを正常にする

日焼けした肌が黒くなるのは、メラニン色素が肌に留まっているためです。

夏の時期に真っ黒になった肌も冬が来る頃には落ち着いてきますよね。

それは、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが繰り返されたからです。

古い表皮が垢となって剥がれ落ちて、新しい肌が生まれ変わるのです。

アルガンオイルに豊富に含まれているビタミンEは、このターンオーバーを乱れないようにする効果があります。

この効果により、日焼けした肌がスムーズにもとの肌に戻っていけるのです。

若い頃には、夏に日焼けをしてもすぐに元に戻っていたのに、年齢を重ねるごとに、なかなか日焼けが戻らないということはありませんか?

それはこのターンオーバーがうまく機能していないことが原因なのですね。

 

日焼けした肌を保湿する

日焼けした肌を保湿する

日焼けした肌は、バリア機能が低下しているため、肌の水分が蒸発しやすい状態になっています。

そんなカラカラ状態の肌に対してアルガンオイルの保湿成分がしっかりとはたらきかけます。

冬にこそ保湿が大切だというイメージがありますが、夏もしっかりと保湿することが大事なのですね。

 

日焼けした肌にやさしくはたらきかける

日焼けした肌にやさしくはたらきかける

日焼けした肌はとても敏感になっています。

海水浴などで日焼けした日は、ちょっとしたお風呂のお湯にも敏感になりますよね。

日焼けした肌は敏感になっているので、ダメージを受けやすくなっています。

できる限り負担をかけないようなケアが必要になってきます。

アルガンオイルは植物由来のやさしい成分なので、敏感になっている肌にもやさしく働きかけてくれるのでおすすめです。

 

以上、アルガンオイルと日焼けについて見てきました。

アルガンオイルは、乾燥する冬だけでなく、夏の太陽によって日焼けした肌にも効果的であることがわかりました。

夏のレジャーで、日焼けしてしまった日には、アルガンオイルのスペシャルケアをしたいですね。

アルガンオイルでパックをしてスキンケアすると良いでしょう。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。