アルガンオイルは食用としても使える?アルガンオイルで体の内側からケアを

アルガンオイル100%の商品の使い方を見ていると、「サラダなどにかけて食べることができます」というように食用としても活用できるものがあります。

スキンケア商品を食用として使って大丈夫?と少し驚いてしまいますが、高品質のアルガンオイルであれば食用としても問題ないのです。

また、食用のアルガンオイルも販売されています。

健康な体作りのために良質なオイルを摂り入れているという方は増えていますよね。

ここでは、アルガンオイルの食用としての効果などについて見ていきたいと思います。

 

アルガンオイルを食べる効果とは?

アルガンオイルはアトピー肌の人でも大丈夫?

アルガンオイルを食べることでどのような効果があるでしょうか。

まずはスキンケア用アルガンオイル同様に美肌効果、エイジングケア効果が期待できるということです。

さらに、朝のお腹スッキリ効果もあります。

お腹がすっきりすることで、ぽっこりお腹を予防できたり、すこやかな体作りにも効果的です。

スキンケア用のアルガンオイルで外側から、食用のアルガンオイルで内側から全身ケアをして、美しくすこやかな体を目指しましょう。

 

スキンケア用アルガンオイルと食用アルガンオイルの違いは?

アルガンオイルの違い

スキンケア用のアルガンオイルは食用としても使えることもあるので、食用のアルガンオイルでスキンケアしても大丈夫と思っている方もいるかもしれません。

しかし、スキンケア用のアルガンオイルと食用のアルガンオイルは異なる点があります。

 

  • 精製方法が違う

一般的なスキンケア用のアルガンオイルは、アルガンツリーの原料を低温圧搾して抽出したオイルを濾過して作ります。

美容効果のある成分は熱を加えることで壊れてしまいます。

それを避けるために低温で作り上げるのです。

一方、一般的な食用のアルガンオイルはアルガンツリーの原料を焙煎して粉砕してオイルを絞ることで作ります。

アルガンオイルを食用として使うためには、味や香りを良くする必要があります。

ローストすることで独特の苦みが消えて香り豊かになるのです。

スキンケア用と食用では、使用目的が異なるので、作り方も変わってくるのですね。

 

  • 添加物の違い

食用のアルガンオイルの場合には、酸化を防ぐことが大切になります。

そのために酸化を防ぐための添加物などが配合されている商品もあります。

そのような商品の場合には、スキンケア用として肌につけてしまうと、肌に負担がかかってしまうのでおすすめできません。

スキンケア用のアルガンオイルの方が美容効果が高く、肌にとってはやさしいオイルということなのですね。

 

食用アルガンオイルのおすすめの使い方は?

まずアルガンオイルを食べる時に気を付けたいことは、加熱しないということです。

加熱してしまうと酸化してアルガンオイルの質が変化してしまうのです。

炒め物や揚げ物に使うことは控えたいですね。

定番の使い方としてはドレッシングとしてサラダにかける使い方です。

また、パンにつけて食べたり、パスタの仕上げにかけるのもおすすめです。

強い香りのするオイルではないので、料理の味を邪魔せずに使いやすいです。

ヨーグルトに入れて食べるのもおすすめです。

以上、食用アルガンオイルについてご紹介してきました。オイルブームはスキンケア商品だけではありません。

毎日良質なオイルを食べることで、すこやかな体がキープできると人気です。

スキンケア用のアルガンオイルや食用のアルガンオイルを上手く使い分けながら、全身ケアをしていきたいですね。

 


 

アルガンオイルBest3(トップ記事)

人気のあるアルガンオイル(スキンケア用)の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。